ウイスキー銘柄

ブラックアダーの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

ブラックアダー

ブラックアダーは、イングランドで作られているボトラーズ・ウイスキーです。

この記事では、ブラックアダーの味わいや香りの特徴、歴史や製造方法などを紹介します。

おすすめの飲み方や種類ごとの特徴を掲載しているほか、記事の最後にはブラックアダーの次に飲みたいおすすめのウイスキーの提案なども行っています。

是非ウイスキー選びの参考にしてみてください。

ブラックアダーの特徴・概要

ブラックアダー ロゴ

ブラックアダーは、イングランドのサセックス州にある「ブラックアダー・インターナショナル社」で作られているボトラーズ・ウイスキーです。

このブランドは全てのボトルが樽出しそのままのロウカスクであり、アルコール度数50%以上のものが非常に多いことが特徴です。

ブラックアダーはボトルによって味わいが異なるウイスキー

ブラックアダーはボトルの味わいに統一感がなく、常に異なったブレンドと味わいのボトルを発売しています。

そのためこの銘柄が一概にどのような味わいであるのかを語ることは、非常に難しいといえるでしょう。

多種多様な味わいが魅力のブラックアダー

ブラックアダーには、様々なラインナップが存在します。

そのため数々の味わいが違うボトルの中からお気に入りを探す楽しみが、このウイスキーにはあるといえるでしょう。

ブラックアダーはロウカスクのウイスキー

ブラックアダーは徹底した品質管理のもと、樽出しそのままの味わいをキープしているロウカスクのウイスキーです。

ロウカスクウイスキーの特徴は以下の3つです。

  • 無着色:カラメル色素などで着色されていない
  • カスクストレングス:水を一切加えていない
  • ノンチルフィルタード:冷却ろ過をしていない

ブラックアダーのおすすめの飲み方は「ストレート」

ウイスキー ストレート

ブラックアダーのおすすめの飲み方は「ストレート」です。

ブラックアダーは全てのボトルの味わいが異なるボトラーズ・ウイスキーです。

よって、ボトルごとの個性を楽しめるストレートが、このウイスキーを楽しむ際には最適だといえます。

ほとんどのボトルが50%以上の高度数なので、必ずチェイサーを用意して楽しむようにしてください。

ブラックアダーの種類

現在ブラックアダーからは非常に多くのボトルが販売されています。

各シリーズからその中でも人気の高いものを選りすぐり、ここでは計13種紹介しました。

ブラックアダーの人気スタンダードボトル5種

「ブラックアダー ロウカスク」は最もスタンダードなブラックアダーのシリーズです。

ここではその中でも特に人気のある5種を取り揃え、紹介しています。

ブラックアダー スぺイサイド 18年 2000 ロウカスク

ブラックアダー スぺイサイド 18年 2000 ロウカスク

「ブラックアダー スぺイサイド 18年 2000 ロウカスク」は、スぺイサイド蒸留所のウイスキーを使用しホグスヘッド樽で18年後熟させたボトルです。

甘くこってりしたカステラのような香りとコクのあるフルーツの甘さ、エステリーな余韻このウイスキーでは堪能できます。

ブラックアダー ロイヤルブラックラ ロウカスク10年

ブラックアダー ロイヤルブラックラ ロウカスク10年

「ブラックアダー ロイヤルブラックラ ロウカスク10年」は「王のためのウイスキー」と呼ばれるロイヤルブラックラを使ったボトルです。

ハーバルでスパイシーな香りとモルトの甘さ、飲みやすい滑らかでクリーミーな喉ごしがこのウイスキーでは楽しみます。

ブラックアダー イングリッシュウイスキー 2011 ロウカスク5年

ブラックアダー イングリッシュウイスキー 2011 ロウカスク6年

「ブラックアダー イングリッシュウイスキー 2011ロウカスク5年」は、セントジョージズ蒸溜所で作られる「イングリッシュウイスキー」を、シェリー樽で熟成させたボトルです。

ドライフルーツを圧縮したかのような芳醇で甘い味わいが、このウイスキーの特徴です。

ブラックアダー アムルット ロウカスク ラムカスク フィニッシュ

ブラックアダー アムルット ロウカスク ラムカスク フィニッシュ

「ブラックアダー アムルット ロウカスク ラムカスク・フィニッシュ」は、アムルットをニカラグアンラム樽で後熟させたボトルです。

原酒特有のスパイシーさと、フルーツコーヒーのような味わいが特徴の個性的なウイスキーです。

ブラックアダー ピートリーク エンバースEMB5

ブラックアダー ピートリーク エンバースEMB5

「ブラックアダー ピート・リーク エンバースEMB5」は、エンバースを使ったピートスモークの香りが漂うボトルです。

ベーコンやハムのような旨味とハチミツの滑らかな甘さ、スパイシーさを伴ったピート・スモーク香がこのウイスキーの特徴です。

ブラックアダー レジェンダリーのボトル2種

レジェンダリーシリーズは、蒸留所非公開にて販売されるブラックアダーです。

中身のヒントはラベルについたカスクリファレンスにあり、その謎解き要素から主にウイスキー愛好家の間で人気があります。

現在市場で購入できるものは主に2種です。

ブラックアダー レジェンダリー 20年

ブラックアダー レジェンダリー 20年

「ブラックアダー レジェンダリー 20年Cask Ref:LGT2017-1」は度数を46%に抑えた、ブラックアダーの中では飲みやすいボトルです。

華やかでフルーティーな甘さと、樽由来の豊かなウッド香がこのウイスキーでは楽しめます。

ブラックアダー レジェンダリー7年

ブラックアダー レジェンダリー7年

「ブラックアダー レジェンダリー7年Cask Ref2019_089」は2012年熟成の原酒を、7年間後熟させたボトルです。

短熟ゆえの爽やかな味わいと、軽やかな口当たりがこのウイスキーでは楽しめます。

ブラックアダー・ステートメントの人気ボトル3種

ブラックアダー・ステートメントは豪華な箱と証明書付きの、このブランドの最高級品に位置付けされているボトルです。

ここではブラックアダー・ステートメントの、人気ボトルを選りすぐり5種紹介しています。

ブラックアダー ステートメント インチガワー20年

ブラックアダー ステートメント インチガワー20年

「ブラックアダー ステートメント インチガワー20年」は、インチガワ―を20年後熟させたボトルです。

シェリー樽由来の濃厚な甘さと、ほんのりした塩気が楽しめます。

ブラックアダー ステートメント インチガワー20年
created by Rinker

ブラックアダー ステートメント カリラ32年 1984 ロウカスク

ブラックアダー ステートメント カリラ32年 1984 ロウカスク

「ブラックアダー ステートメント カリラ32年 1984 ロウカスク」はカリラを32年という長い間後熟させたボトルです。

爽やかな洋ナシのようなフルーティーさに程よくマッチした塩気がたまらない、アイラならではの味わいを前面に押し出した味わいがこのウイスキーの特徴です。

ブラックアダー ステートメント カリラ32年 1984 ロウカスク
created by Rinker

ブラックアダー ステートメント ブラドノック25年 1991 シェリーカスク フィニッシュ

ブラックアダー ステートメント ブラドノック25年 1991 シェリーカスク フィニッシュ

「ブラックアダー ステートメント ブラドノック25年 1991 シェリーカスク フィニッシュ」は、ブラドノックをシェリー樽で25年間後熟させたボトルです。

麦芽の甘さとシェリー樽由来の香味が絡み合った、複雑な味わいがこのウイスキーの特徴です。

ブラックアダー ステートメント ブラドノック25年 1991 シェリーカスク フィニッシュ
created by Rinker

ブレンデッド系のブラックアダー3種

ここでは上記シリーズのどれにも該当しない、ブレンデッド系のブラックアダーである「キメラ」「レッドスネーク」「パフアダ―」を紹介しています。

ブラックアダー キメラ ブレンデッド モルト Bot.2018

ブラックアダー キメラ ブレンデッド モルト Bot.2018

「ブラックアダー キメラ ブレンデッド モルト Bot.2018」はモルトウイスキーのみをブレンドした、蒸留所名非公開のボトルです。

柔らかなピート香ととリンゴのような甘み、ほんのりとした塩辛さがこのウイスキーの特徴です。

ブラックアダー レッド・スネーク レッドネック 83 ロウカスク

ブラックアダー レッド・スネーク レッドネック 83 ロウカスク

「ブラックアダー レッド・スネーク レッドネック 83 ロウカスク」は、ウイスキー・オブ・ワールドアワー2019にて金賞を受賞したボトルです。

香ばしくフルーティーな甘みと、ピリッとした胡椒のようなスパイシーさがこのウイスキーでは堪能できます。

ブラックアダー パフアダー ブレンデッドモルト

ブラックアダー パフアダー ブレンデッドモルト

「ブラックアダー パフアダー ブレンデッドモルト」は、様々なモルトウイスキーをブレンドしたスモーク感のあるボトルです。

甘酸っぱいキイチゴを乗せたクリーミーなチーズケーキを思わせる味わいと、柔らかなピート・スモーク香がこのウイスキーでは堪能できます。

ブラックアダーの歴史

ブラックアダー・インターナショナル社を1995年も創立したのは、ロビン・トチェック氏です。

彼はウイスキーの厳選も行っており、その確かな手腕を振るい、次々と新たなブラックアダーのボトルを生み出し続けています。

ブラックアダーはその多くがシングルカスク・無冷却・無着色のロウカスクであり、その確かな品質は多くのウイスキー愛好家を魅了し続けています。

ブラックアダーの製法

ブラックアダーは各蒸留所から取り寄せた原酒を、後熟させるスタイルによって作られているボトラーズ・ウイスキーです。

使う原酒は1種だけの場合、ブレンドしている場合と様々です。

作られたボトルは作り方によりシリーズ分けをされ、出荷されます。

ブラックアダーの次に飲みたいウイスキー

ここではブラックアダーの次に飲みたい、ブレンダーの手腕が光る個性的なブレンデッド・ウイスキーを3つ紹介します。

このウイスキーの次に飲みたい銘柄をお探しの際には、是非参考にしてみてください。

コンパスボックス アシイラ

コンパスボックス アシイラ

ボトラーズ・ウイスキーであるコンパスボックスは、ブラックアダーの次に飲みたいウイスキーををお探しの方に最適であるといえるでしょう。

その中でも最もスタンダードなボトルが、「コンパスボックス アシイラ」です。

滑らかな口当たりとフルーティーな甘さ、上品なバニラ香がこのウイスキーでは楽しめます。

コンパスボックス
コンパスボックスの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

コンパスボックスは、イギリスで作られているボトラーズ・ウイスキーです。 この記事では、コンパスボックスの味わいや香りの特徴、歴史や製造方法などを紹介します。 おすすめの飲み方や種類ごとの特徴を掲載して ...

続きを見る

ビッグピート

ビッグピート

有名なボトラーズであるダグラスレイン社がリリースしている「ビッグピート」も、ぜひブラックアダーの次に飲んでいただきたいボトルです。

強烈なピート・スモーク香と、アイラ・モルト特有の塩気を伴った甘さ風味がこのボトルでは堪能できます。

ビッグピート
ビッグピートの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

ビッグピートは、スコットランドで作られているブレンデッドモルト・ウイスキーです。 この記事では、ビッグピートの味わいや香りの特徴、歴史や製造方法などを紹介します。 おすすめの飲み方や種類ごとの特徴を掲 ...

続きを見る

ゴードン&マクファイル コニサーズチョイス カリラ 15年 カスクストレングス

ゴードン&マクファイル コニサーズチョイス カリラ 15年 カスクストレングス

ボトラーズ・ウイスキーの中でも有名なゴードン&マクファイル社のウイスキーは、ブラックアダー好きにもおすすめです。

1種の原酒を後熟させて作られる「コニサーズチョイス」シリーズの「カリラ 15年 2004 カスクストレングス」は、高級ウイスキーの中ではお求めやすい価格となっています。

刺激感のある若い原酒のスパイシーさと、シェリー樽のフルーティーで甘みがバランスよくマッチした味わいが、このウイスキーの特徴です。

まとめ

この記事ではイングランドの「ブラックアダー・インターナショナル社」で作られている、ブラックアダーを紹介しました。

様々な個性ある商品がラインナップされたこのボトラーズ・ウイスキーが気になる方は、是非ご賞味されてみてください。

-ウイスキー銘柄

© 2021 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーブログメディア