ウイスキー銘柄

コンパスボックスの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

コンパスボックス

コンパスボックスは、イギリスで作られているボトラーズ・ウイスキーです。

この記事では、コンパスボックスの味わいや香りの特徴、歴史や製造方法などを紹介します。

おすすめの飲み方や種類ごとの特徴を掲載しているほか、記事の最後にはコンパスボックスがお好きな方におすすめのウイスキーの提案なども行っています。

是非ウイスキー選びの参考にしてみてください。

コンパスボックス特徴・概要

コンパスボックス ロゴ

コンパスボックスは、イギリスのロンドンにある「コンパスボックス社」で作らされているボトラーズ・ウイスキーです。

コンパスボックスはボトルによって味わいが異なるウイスキー

コンパスボックスはボトルの味わいに統一感がなく、常に異なったブレンドと味わいのボトルを発売しています。

そのためコンパスボックスという銘柄が一概にどのような味わいであるのかを語ることは、非常に難しいといえるでしょう。

多種多様な味わいが魅力のコンパスボックス

コンパスボックスにはスパイス香が非常に強い「コンパスボックス スパイスツリー」や、ピート・スモークの独特な香りと味わいが楽しめる「コンパスボックス ピートモンスター」など、様々なラインナップが存在します。

そのため数々の味わいが違うボトルの中からお気に入りを探す楽しみが、コンパスボックスにはあるといえるでしょう。

コンパスボックスは「アート」をコンセプトに作られたウイスキー

コンパスボックスを創設した「ジョン・クレイザー」氏は、ウイスキー作りをアートであると表現しています。

彼が挑戦的な姿勢でブレンディングを重ねるコンパスボックスは世界各地で様々な賞を受賞しており、今後も革新的なブレンドが生まれることが期待されています。

コンパスボックスのおすすめの飲み方は「ストレート」

ウイスキー ストレート

個々のボトルの味わいが全く異なるコンパスボックスを楽しむには、やはり原液そのままの「ストレート」が最適だといえるでしょう。

同じコンパスボックスでもボトルによって全く味わいが違うので、飲み比べをしてみるのもおすすめです。

コンパスボックスの種類

現在販売されているコンパスボックスは主に8種です。

コンパスボックス社はウイスキーをベースにスパイスやフルーツなどを加えた、ウイスキーリキュールも販売しています。

気になるかたはそちらもぜひチェックしてみてください。

コンパスボックス アシーラ

コンパスボックス アシイラ

「コンパスボックス アシーラ」は、最もスタンダードなコンパスボックスのボトルです。

滑らかで上品な口当たりとバニラ香を伴ったフルーティーな甘さが、このウイスキーでは楽しめます。

コンパスボックス アシーラ
created by Rinker

コンパスボックス オーククロス

コンパスボックス オーククロス

「コンパスボックス オーククロス」はヴァッティングした原酒をフランス産の最高級フレンチオーク樽で後熟させたボトルです。

バニラのニュアンスを持つフルーツ香とスパイシーな味わいが、このウイスキーの特徴です。

コンパスボックス ヘドニズム

コンパスボックス ヘドニズム

「コンパスボックス ヘドニズム」は快楽主義を指す「ヘドニズム」を名に冠す、様々なバーボン樽で熟成させた原酒を贅沢にブレンドしたボトルです。

バニラクリームやトフィーを彷彿とさせる甘い味わいと、ココナッツのようなトロピカルな香味がこのウイスキーでは堪能できます。

コンパスボックス スパイスツリー

コンパスボックス スパイスツリー

「コンパスボックス スパイスツリー」は2種のハイランド産原酒とスぺイサイド産原酒をブレンドし、20%の原酒をアメリカンオーク樽で、80%の原酒をフレンチオーク樽で後熟させたあと合わせるという複雑な製法で作られたボトルです。

高級感のあるマイルドで甘いバニラの甘みと強いスパイス香がバランスよくマッチしたこのボトルは、コンパスボックスの中でも高い人気を誇っています。

コンパスボックス マジックカスク

コンパスボックス マジックカスク

「コンパスボックス マジックカスク」はコンパスボックスの中では比較的新しいラインナップのボトルです。

マーマレードを加えたスパイシーなミルクティーのような香り高く甘い味わいと、オーク香を伴った焼きリンゴのようなフルーティーな風味、ほろ苦くビターな余韻がこのウイスキーでは楽しめます。

コンパスボックス マジックカスク
created by Rinker

コンパスボックス ストーリー・オブ・スパニアード

コンパスボックス ストーリー・オブ・スパニアード 

「コンパスボックス ストーリー・オブ・スパニアード」はブレンドした原酒をシェリー新樽と赤ワイン樽、その他の樽でそれぞれ後熟させ、組み合わせて作られたボトルです。

シェリー樽や赤ワイン樽から得られた濃厚なドライフルーツの香味と、フルーティーでスパイシーな味わいがこのウイスキーでは楽しめます。

コンパスボックス ピートモンスター

コンパスボックス ピートモンスター

「コンパスボックス ピートモンスター」は11年物のカリラに12~17年熟成のアードモアをヴァッティングして作られたボトルです。

ピーティーでスパイシーなヨード香が香る、バランスの取れた味わいがこのウイスキーでは堪能できます。

コンパスボックス グレートキング ストリート アーティスツブレンド

コンパスボックス グレートキングST アーティスツブレンド

「コンパスボックス グレートキングST アーティスツブレンド」は、2011年のブレンデッド・ウイスキー・オブ・ザ・イヤーを受賞したボトルです。

モルティーな風味を伴ったバニラカスタードクリームの甘みと、ハーバルでドライな飲み心地がこのウイスキーの特徴です。

コンパスボックス グレートキング ストリート グラスゴーブレンド

コンパスボックス グレートキングST グラスゴーブレンド

「コンパスボックス グレートキングST グラスゴーブレンド」は「コンパスボックス グレートキングST アーティスツブレンド」のモルト原酒比率を増やしたボトルです。

アイラ原酒由来のスモーキーな香りと、シェリー樽由来のリッチでスパイシーなドライフルーツの風味がこのウイスキーでは堪能できます。

コンパスボックスの歴史

コンパスボックス社は、ボトラーズとして2001年に創立された比較的新しい会社です。

コンパスボックス社を創立した「ジョン・クレイザー」氏は、現在ブレンディングの全てを自分で行っています。

クレイザーはかつでジョニーウォーカー系列の会社でディレクターをつとめていた、凄腕のウイスキー業界関係者として知られています。

彼にとってウイスキー作りは「アート」であり、生み出されたボトルは全て彼の「作品」なのです。

強い情熱をもって生み出されたコンパスボックスのボトルは、ウイスキー業界で多数の賞を受賞しています。

よって、コンパスボックス社は現在最も勢いのある新鋭ブレンダーのひとつといって差し支えないでしょう。

コンパスボックスの製法

コンパスボックスは、様々な原酒をブレンドして作るボトラーズ・ウイスキーです。

ブレンドは全て創立者であるジョン・クレイザー氏によって行われており、その味わいはボトルによって全て異なります。

ボトルごとに異なった個性的な味わいが楽しめるコンパスボックスは、クレイザー氏の優れたブレンダーとしての手腕から生み出されているのです。

コンパスボックスの次に飲みたいウイスキー

ここではコンパスボックスの次に飲みたい、ブレンダーの手腕が光る個性的なブレンデッド・ウイスキーを3つ紹介します。

コンパスボックスの次に飲みたいウイスキーをお探しの際には、是非参考にしてみてください。

サントリーワールドウイスキー碧

サントリー碧

コンパスボックスと同様に、独自の巧みなブレンドによって生み出されている「サントリーワールドウイスキー碧」は、コンパスボックス好きにもおすすめです。

飲み方によって味が変わるこの不思議なウイスキーは、毎年販売されるたびに売り切れが続出する、サントリーの大人気商品となっています。

サントリー碧
サントリー碧の種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

サントリー碧は、日本で作られているブレンデッド・ウイスキーです。 この記事では、サントリー碧の味わいや香りの特徴、歴史や製造方法などを紹介します。 おすすめの飲み方や種類ごとの特徴を掲載しているほか、 ...

続きを見る

ビッグピート

ビッグピート

「コンパスボックス ピートモンスター」のようなピート・スモーク香があるウイスキーがお好きな方には、ボトラーズのダグラスレイン社から販売されている「ビッグピート」もおすすめです。

鼻をつくような強烈なピート・スモーク香と、甘じょっぱいアイラ・モルト特有の風味がこのウイスキーでは堪能できます。

ビッグピート
ビッグピートの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

ビッグピートは、スコットランドで作られているブレンデッドモルト・ウイスキーです。 この記事では、ビッグピートの味わいや香りの特徴、歴史や製造方法などを紹介します。 おすすめの飲み方や種類ごとの特徴を掲 ...

続きを見る

ブラックアダー ロウカスク

ブラックアダー ロウカスク

コンパスボックスのようなボトラーズ・ウイスキーをお探しの方には「ブラックアダー ロウカスク」もおすすめです。

チョコレートを彷彿とさせるオイリーでコクのある甘い風味と、樽由来のウッディでスパイシーな香り、ややエステリー感のある余韻がこのウイスキーでは堪能できます。

ブラックアダー
ブラックアダーの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

ブラックアダーは、イングランドで作られているボトラーズ・ウイスキーです。 この記事では、ブラックアダーの味わいや香りの特徴、歴史や製造方法などを紹介します。 おすすめの飲み方や種類ごとの特徴を掲載して ...

続きを見る

まとめ

この記事ではイギリス・ロンドンにある「コンパスボックス社」で作られている、コンパスボックスを紹介しました。

ボトルごとに全く味の異なる個性豊かな味わいが特徴的なこのウイスキーが気になった方は、是非ご賞味されてみてください。

-ウイスキー銘柄

© 2021 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーブログメディア