ウイスキー銘柄

ミルトンダフの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

ミルトンダフ

ミルトンダフは、スコットランドで作られているシングルモルト・ウイスキーです。

この記事では、ミルトンダフの味わいや香りの特徴、歴史や製造方法などを紹介します。

また、ミルトンダフのおすすめの飲み方や種類ごとの特徴を掲載しているほか、記事の最後にはミルトンダフがお好きな方におすすめのウイスキーの提案なども行っています。

是非あなたのお気に入りのウイスキーを選ぶ際に、この記事を参考にしてみてください。

ミルトンダフの特徴・概要

ミルトンダフ

出典:whisky.com

ミルトンダフは、スコットランドにある「ミルトンダフ蒸留所」で製造され、様々な会社にて販売されているシングルモルト・ウイスキーです。

知名度の高いブレンデッド・ウイスキー「バランタイン」にブレンドされている原酒として有名なミルトンダフですが、シングルモルト・ウイスキーとしての原酒の販売は少ない銘柄となっています。

ミルトンダフの味の特徴

ミルトンダフの味の特徴は、甘く心地よい麦芽の甘みです。フレーバー全体に花や蜜のような甘みがあり、ウイスキーが苦手な方でも飲みやすい味に仕上がっています。

また、水を加えると若干ビターさが際立つようになる特徴があるため、飲み方には注意が必要です。

ミルトンダフの香りの特徴

ミルトンダフは、全体的に花を彷彿とさせるフローラルでクリーミーな香りが特徴です。

口に含むとまず華やかな花の香りが口に広がり、その後追いかけるような形でナシやシナモン、ウエハースや蜂蜜を彷彿とさせる香りが続きます。

香りは軽やかかつ癖が少ないため飲みやすいため、初心者にもおすすめのウイスキーだといえます。

ミルトンダフの後味や喉ごしの特徴

ミルトンダフは藁っぽさの少ないクリーンなウイスキーであり、余計な味が存在していないため飲み心地や喉ごしはスムーズであるといえます。

後味はバニラとあまり苦さのないタンニンの風味であり、フィニッシュは比較的早めです。

ミルトンダフのおすすめの飲み方は「ストレート」

ウイスキー ストレート

フローラルな花の香りや心地よい麦芽由来の甘さに特徴がある、ミルトンダフのおすすめの飲み方は「ストレート」です。

ミルトンダフには加水するとやや苦くなってしまう性質があるため、本来の味わいを楽しむためにはこの飲み方が一番良いと言えます。

水を加えるハイボールや水割りは、樽のウッディな苦みを引き出してしまうためおすすめはできません。

ミルトンダフの種類

ここではミルトンダフの種類について紹介します。

プロヴェナンス ミルトンダフ8年

プロヴェナンス ミルトンダフ8年

「プロヴェナンス ミルトンダフ8年」は、ダグラス・マキスボン社から販売されているボトルです。

はっきりとした麦芽と砕いたブラウンシュガーの香りに、レモンやシュガーブレッドのような爽やかで甘い風味が特徴です。

プロヴェナンス ミルトンダフ8年
created by Rinker

ブラックアダー ロウカスク ミルトンダフ10年

ブラックアダー ロウカスク ミルトンダフ10年

「ブラックアダー ロウカスク ミルトンダフ10年」は、ブラックアダー社から販売されているボトルです。

短熟らしい生き生きとした力強い味わいとスパイシーさ、ほのかな苦味が特徴あるウイスキーに仕上げられています。

ミルトンダフ・グレンリベット12年

ミルトンダフ・グレンリベット12年

「ミルトンダフ・グレンリベット12年」はミルトンダフ蒸留所ではなく、1980年代にグレンバーギー蒸留所で作られた、知る人ぞ知るオールドボトルです。

品のよい華やかな香り立ちと、フルーティーなシロップを思わせる甘い味わい、余韻としてピーティーな焦げ感の感じられるウイスキーに仕上げられています。

ミルトンダフ・グレンリベット12年
created by Rinker

バランタイン・シングルモルト ミルトンダフ15年

バランタイン・シングルモルト ミルトンダフ15年

「バランタイン・シングルモルト ミルトンダフ15年」は、ジョージバランタイン&サン社から販売されている、現在も最も知名度が高く流通も豊富なボトルです。

フルーティーで甘い花のような香りと味わいのなかに、ほんのりスパイシーさがあるスタンダードなミルトンダフの美味しさを堪能できるウイスキーです。

ミルトンダフ17年 1999

ミルトンダフ17年 1999

「ミルトンダフ17年 1999」は、ミルトンダフ蒸留所から2016年に販売されている限定ボトルです。

他のミルトンダフと比較すると、ナッツのような深い香ばしさと生クリームやバニラを彷彿とさせる甘味が際立つウイスキーであり、アルコール度数も54.8%と高めであることが特徴となっています。

ミルトンダフ17年 1999
created by Rinker

ミルトンダフ蒸留所の歴史

ミルトンダフ蒸留所

出典:whisky.com

ミルトンダフの製造元である「ミルトンダフ蒸留所」は、1824年に創業し、1936年にハイラム・ウォーカー社によって買収されました。

蒸留免許を取得した、傘下の「ジョージ・バランタイン社」が現在はウイスキーの蒸留を行っています。

蒸留所はマレイ州の中心地である「エルギン」から5Km南西に下ったところに建てられています。

周辺はイギリスで最も良質な大麦の産地と呼ばれる一台穀物地帯であり、さらにブラック・バーンと呼ばれるウイスキー造りに適した良質な水の流れがあることが大きな特徴です。

ミルトンダフはこのようなウイスキー造りに恵まれた環境で、かの有名なブレンデッド・ウイスキー「バランタイン」のキーモルトとして誕生しました。

しかし蒸留されたミルトンダフの大半はブレンデッド用に使われていたため、買い付けたボトラーから発売されるカスクボトルを除けば、シングル・モルトとして日の目を見ることはほとんどありませんでした。

ミルトンダフのシングル・モルトがオフィスボトルとして大々的に販売されたのは、比較的最近である2018年のことです。バランタイン社がミルトンダフの15年物である「バランタイン・シングルモルト ミルトンダフ15年」を数量限定にてリリースしました。

日本ではサントリーから5,000本限定にて、現在このウイスキーは販売されています。

ミルトンダフの製法

ミルトンダフ蒸留所

出典:whisky.com

ミルトンダフはウイスキー造りに適したブラック・バーンの透明な軟水の湧き水と良質なグレーンを使い、製造されています。

発酵槽にはステンレス製の物が使われており、ウイスキーはストレートヘッド型の初留3基・再留3基で蒸留されています。

ストレートヘッド型の蒸留器は、重厚でコクがあり力強く香り高いモルトを生み出すことが特徴です。

こうして出来上がった力強いキーモルトを熟成する樽にはファーストフィルのアメリカン・オーク樽が使われています。

この樽で熟成されることにより、ミルトンダフはバニラを思わせる甘さのある華やかなウイスキーに変わるのです。

ミルトンダフ好きにおすすめのウイスキー

ここではミルトンダフがお好きな方におすすめのウイスキーを3つ選紹介します。

味・香りが似た系統のウイスキーの他に、ミルトンダフの良さを最大限に引き出したこだわりのブレンデッド・ウイスキーも取り揃えましたので、是非参考にしてみてください。

ストラスアイラ12年

ストラスアイラ 12年

フローラルな花の香りが特長のミルトンダフが好きな方におすすめなのは、同系統の香りを持つ「ストラスアイラ12年」です。

華やかな花の香りとナッツの香味、蜜と麦芽のこってり甘い味わいが楽しめるシングルモルトウイスキーとなっています。

ストラスアイラ
ストラスアイラの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

続きを見る

スキャパ スキレン

スキャパ スキレン

甘い蜜のようなフレーバーが特徴的なミルトンダフがお好きな方には、「スキャパ スキレン」がおすすめです。スキャパはミルトンダフと同じく、バランタインのキーモルトとして使われています。

甘い蜂蜜とバニラのような風味があり、さらに花のようなフローラルさやフルーツのトロピカルなフレーバーが楽しめる甘い味わいが特徴のウイスキーです。

スキャパ
スキャパの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

続きを見る

バランタイン17年 ミルトンダフ・エディション

バランタイン17年 ミルトンダフ・エディション

ミルトンダフを主役にしたブレンデッド・ウイスキーを楽しみたい方には、「バランタイン17年 ミルトンダフエディション」がおすすめです。

こちらはミルトンダフのフローラルな香りや甘い味わいを最大限に引き出しせるよう、様々なウイスキーをブレンドした特別なボトルとなっています。

ふくよかな甘さを有しており、様々な飲み方が楽しめる非常にバランスの良いウイスキーです。

バランタインの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

続きを見る

まとめ

この記事ではスコットランドのミルトンダフ蒸留所で作られている、ミルトンダフを紹介しました。

フローラルな香りと甘くて軽い口当たりが特徴的なスコッチウイスキーのミルトンダフが気になった方は、是非ご賞味されてみてください。

-ウイスキー銘柄

© 2021 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーブログメディア