ウイスキー銘柄

クイーンアンの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

クイーンアン

クイーンアンは、スコットランドで作られているブレンデッド・ウイスキーです。

この記事では、クイーンアンの味わいや香りの特徴、歴史や製造方法などを紹介します。

おすすめの飲み方や種類ごとの特徴を掲載しているほか、記事の最後にはクイーンアンがお好きな方におすすめのウイスキーの提案なども行っています。

是非ウイスキー選びの参考にしてみてください。

クイーンアンの特徴・概要

クイーンアンは、スコットランドにある「グレンリベット・ディスティラリーズ社」から販売されているブレンデッド・ウイスキーです。

英国の「アン王女」の名を冠した、数少ない王室御用達のボトルとして知られています。

クイーンアンの味の特徴

クイーンアンはハチミツやべっこう飴を思わせる、甘みのある味わいが特徴のウイスキーです。

香ばしい甘みはフィニッシュに向かうにつれて、ビターな風味に変わっていきます。

クイーンアンの香りの特徴

クイーンアンは麦芽の香ばしく甘い香りと、ほのかなピート香が特徴のウイスキーです。

オレンジピールのようなフルーティーなニュアンスもわずかに感じられます。

クイーンアンの喉ごし・フィニッシュの特徴

クイーンアンは軽やかでマイルドな喉ごしが特徴のウイスキーです。

軽い香ばしさを伴った味わいはフィニッシュに近づくにつれスパイス感を伴ったピート香へと変わっていきます。

余韻には軽やかなスパイシーさとピート・スモークの香りがじんわりと続き、次第に消えていきます。

クイーンアンのおすすめの飲み方は「ハイボール」

ハイボール

クイーンアンのおすすめの飲み方は「ハイボール」です。

このウイスキーを炭酸水で割ると香ばしい甘みやスモーク感が心地よく引き立てられ、ごくごく飲めるバランスの良い美味しいハイボールが仕上がります。

クイーンアンの種類

ここではクイーンアンの種類を紹介しています。

現在主に販売されているクイーンアンは1種のみです。

クイーンアン特級

クイーンアン

「クイーンアン特級」は現在では唯一、国内古酒市場で購入できる1980年代に流通したボトルです。

ザ・グレンリベットやベンリアックなどをキーモルトに、18種類の原酒をブレンドして作られています。

香ばしい穀物の甘みと、ほんのりとした品のあるピート・スモーク香が楽しめるウイスキーです。

クイーンアン
created by Rinker

クイーンアンの蒸留所・歴史

グレンリベット蒸留所

出典:Kkonstan

クイーンアンを発売したのは、スコットランドの「グレンリベット・ディスティラリーズ社」です。

この会社の創立は1793年であり、かつては「トム・ヒルソン社」という名で経営をしていました。

クイーンアンが発売されたのは、1884年のことです。

ウイスキー好きの英国王室のアン王女の名を冠し、このブランドはクイーンアンと名づけられました。

その名の通りクイーンアンは英国王室御用達の大ヒット商品となり、会社に大きな利益をもたらしたのです。

その後、クイーンアンは上位種であるサムシングスペシャルが現れたことによって、日本市場からはほとんど姿を消しました。

現在このウイスキーは店頭やネットショップでは購入できず、流通が確認できているのは古酒市場のみです。

クイーンアンの製法

クイーンアンは18種のウイスキーを混ぜて作られるブレンデッド・ウイスキーです。

主なキーモルトとしては、「ザ・グレンリベット」「ベンリアック」「グレン・グラント」「ロングモーン」が挙げられます。

クイーンアンの次に飲みたいウイスキー

ここではクイーンアンの次に飲みたい、王室御用達のウイスキーを3つ紹介します。

クイーンアンとの次に飲みたい銘柄をお探しの際には、是非参考にしてみてください。

サムシングスペシャル スタンダード

サムシングスペシャル

クイーンアンがお好きな方には、同じ会社から販売されている「サムシングスペシャル スタンダード」もおすすめです。

このウイスキーはエリザベス女王来日の際に行われた宮中晩餐会で、バランタイン30年と共に女王に提供されています。

香ばしい麦芽の風味と爽やかなフルーツやハチミツの香り、ハチミツレモンのような甘い余韻がこのウイスキーでは楽しめます。

サムシングスペシャル
サムシングスペシャルの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

サムシングスペシャルはスコットランドで作られているブレンデッド・ウイスキーです。 この記事では、サムシングスペシャルの味わいや香りの特徴、歴史や製造方法などを紹介します。 おすすめの飲み方や種類ごとの ...

続きを見る

ロイヤルロッホナガー12年

ロイヤルロッホナガー12年

クイーンアンと同じく英国王室の女性に愛されたウイスキーとして有名なのが、「ロイヤルロッホナガー12年」です。

このウイスキーはかの有名なヴィクトリア女王から、ロイヤルワラントを授かっています。

青リンゴやマスカットを思わせるフルーティーな香りとオイリーな甘み、スパイス感を伴った余韻がこのウイスキーでは堪能できます。

ロイヤルロッホナガー
ロイヤルロッホナガーの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

ロイヤルロッホナガーは、スコットランドで作られているシングルモルト・ウイスキーです。 この記事では、ロイヤルロッホナガーの味わいや香りの特徴、歴史や製造方法などを紹介します。 おすすめの飲み方や種類ご ...

続きを見る

ロイヤルブラックラ16年

ロイヤルブラックラ16年

クイーンアンの次に飲むウイスキーをお探しの方には、ウィリアム4世がロイヤルワラントを授けたウイスキー「ロイヤルブラックラ16年」もおすすめです。

シェリー樽特有のフルーティーな甘さとスパイスの香りが混合する、複雑な味わいがこのウイスキーでは堪能できます。

ロイヤルブラックラ
ロイヤルブラックラの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

ロイヤルブラックラは、スコットランドにあるロイヤルブラックラ蒸留所でつくられるシングルモルトウイスキーです。 この記事では、ロイヤルブラックラの味わいや特徴、歴史、製造方法などを紹介します。 また、併 ...

続きを見る

まとめ

この記事ではスコットランドの「グレンリベット・ディスティラリーズ社」から販売されている、クイーンアンを紹介しました。

香ばしく甘い味わいと品のある飲み心地が特徴的なこのウイスキーが気になった方は、是非ご賞味されてみてください。

-ウイスキー銘柄

© 2021 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーブログメディア