ウイスキー銘柄

トリスウイスキーの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

トリス ウイスキー

トリスはサントリーが製造しているブレンデッドウイスキーです。

現在では、ボトルの販売の他にコンビニやスーパーなどでは、缶タイプのハイボールも販売するなど、どこに行っても見かける銘柄です。

この記事では、トリスの味わいや特徴、歴史、製造方法などを紹介します。

記事の最後には、トリスが好きな方におすすめのウイスキーも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

トリスの特徴・概要

トリスは1919年に販売が開始され、それ以降サラリーマンを中心に日本を代表するウイスキーとして知られています。

特に注目を浴びているのが、CMです。

2020年現在では、女優の吉高由里子さんか起用したハイボールのCMが流れており、また昔から登場しているおじさんのキャラクターが有名です。

トリスの味わいや香りの特徴

トリス ウイスキー ボトル

トリスはアルコールの刺激を強く感じますが、風味は甘みが主体となっています。

また、シェリー樽で熟成しているため、加水をすると果実のフルーティな風味を感じられます。

トリスのキャラクターの名前はアンクルトリス

トリス ウイスキー アンクルトリス

出典:suntory.co.jp

CMでお馴染みのおじさんのキャラクターの名前は、「アンクルトリス」と命名されています。

アンクルトリスは1958年に誕生し、「広告の主役には等身大の存在を」という想いから生まれました。

誕生以降は毎回CMに登場するなど、トリスのイメージキャラクターとして活躍し、また缶タイプにはアンクルトリスがプリントされています。

そのため、知らない人の方が多いのではないでしょうか。

トリスと言えば、おじさんのキャラクターですね。

トリスのおすすめの飲み方はハイボール

トリス ハイボール缶

出典:suntory.co.jp

トリスの飲み方は、やはりハイボールでの飲み方がおすすめです。

トリスは安価な値段で購入できますが、アルコールの刺激が強くこれといった独特な風味も感じません。

ただ、炭酸で割ると風味がライトになりまた、フルーティな味わいを感じられるようになります。

コンビニやスーパーなどではハイボールの缶タイプが販売されているため、まずは缶タイプから飲むことをおすすめします。

トリスの種類

トリス クラシック

トリス クラシック

トリス クラシックは、トリスのスタンダードボトルです。

香りは、バニラやカラメルといった甘い香りが漂いますが、香りはそこまで強くありません。

味わいは、アルコールの刺激が強く甘い風味を感じます。

全体的には、なめらなか舌触りで甘い味わいとなっています。

ストレートだとアルコールの刺激を強く感じるため、炭酸で割って風味をライトにしたほうが飲みやすくなります。

トリス エクストラ

トリス エクストラ

トリス エクストラも、「トリスクラシック」と同様にアルコールの刺激を強く感じますが、味わいは対照的となっています。

香りは、シェリー樽由来のフルーティな香り。

味わいは、アルコールの刺激を強く感じますが、青リンゴの爽やかでフルーティな風味を感じ、後味はスッキリとしています。

全体的には、スッキリとしたキレのある味わいとなっており、「トリスクラシック」とは対照的な味わいとなっています。

トリス スクエア

トリス スクエア

トリス スクエアはすでに終売となっていますが、ネット上ではまだ購入できるボトルです。

2003年に発売が開始され、当時は丸形のボトルが主流でしたが、トリススクエアは四角い形で登場したため、珍しいと話題にもなりました。

香りは、トリスらしいアルコールの刺激を感じ、その後にバニラやカラメルといった甘い香りが漂います。

味わいは、甘みの後に青リンゴような味わいを感じますが、全体的に風味は薄く感じます。

トリスの蒸留所・歴史

トリス ウイスキー

出典:suntory.co.jp

トリスは戦後間もない深刻なモノ不足だったころに、「安くてもしっかりした品質のお酒を飲んでもらいたい」という想いから1946年に誕生しました。

当時は、原酒を5%入れた3級ウイスキーとして誕生しましたが、徐々に原酒の配合率が多くなり10%に引き上げられ、2級ウイスキーとして発売されるようになりました。

また、他のウイスキーに比べ安価だったこともありすぐさま人気を博しました。

1950年の高度経済成長期には、全国にトリスバーが誕生し、冬はホット、夏場はハイボールといった飲み方を提案したことで、日本にウイスキーが広まっていきました。

そして、1958年に「広告の主役には等身大の存在を」という想いから現在でも起用されている「アンクルトリス」と命名されたキャラクターが誕生し、トリスと言えばおじさんのキャラクターが定着していきます。

2003年にはラインナップ一新したことにより、若年層の顧客をゲットするようになります。

2010年にハイボールブームが訪れたことにより、スタンダードボトルに加え、スッキリとしたキレのある味わいの「トリスエクストラ」の販売を始めます。

この頃に、ハイボール缶も登場し、若者を中心に爆発的なヒットを生み出します。

そして、2015年に今まで販売していた「トリスブラック」の後継となる「トリスクラシック」の発売を始めました。

トリスの製法

酒税法が改正させる1989年までは、トリスはモルト・グレーン原酒の他に廃糖蜜から作られたアルコールをブレンドしていました。

しかし、酒税法が改正されてからの原料はモルト・グレーンのみとなったことからトリスの品質が上がりました。

トリスはブレンデッドウイスキーであり、トリスの製造を手がけるサントリーが所有している山崎蒸留所や白州蒸留所、それから知多蒸留所のモルト・グレーン原酒をブレンドして作られています。

スタンダードボトルとなる「トリスクラシック」は、キーモルトとなるモルト原酒にはシェリー樽で熟成された白州蒸留所のモルト原酒を使い、フルーティな風味を作り上げています。

トリス好きにおすすめのウイスキー

トリスが好きな方におすすめのウイスキーを紹介します。

トリスの「甘み」や「フルーティな風味」といった特徴を基準に2本選びました。

ブラックニッカ クリア


ブラックニッカ クリアは、ニッカウヰスキーが手がけるブレンデッドウイスキーです。

トリスと同じく、万人受けする風味が特徴で、ハイボールでの飲み方が定番です。

ブラックニッカクリアは、ノンピートモルトを使用しているため、クセがなくほのかに甘いグレーンウイスキーの風味やすっきりとした後味が特徴です。

ブラックニッカ
参考ブラックニッカの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

ブラックニッカはニッカウヰスキーが製造していて、アサヒビールが販売するブレンデッドウイスキーです。 数種類の味わいの違うモルト原酒を混ぜ合わせたものにグレーン原酒がブレンドされています。 フルーティー ...

続きを見る

サントリー角瓶


サントリー角瓶もサントリーが手がけるブレンデッドウイスキーで、コンビニやスーパーとどこでも見かける定番のウイスキーです。

香りは、微かにフルーティな香りを感じます。

味わいは、深みのあるコクがあり、ドライでスッキリとした後味となっています。

また、アルコールによる刺激も少ないため、トリスより飲みやすいと感じる方も多くいます。

飲み方は、やはり定番のハイボールがおすすめです。

サントリー角瓶
参考サントリー角瓶の種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

サントリー角瓶は、日本のウイスキーの定番ともいえるサントリーの看板商品の一つです。 この記事では、サントリー角瓶の味わいや特徴、歴史、製造方法などを紹介していきます。 記事の最後には、サントリー角瓶が ...

続きを見る

まとめ

トリスは、サントリーが製造・販売を行っているブレンデッドウイスキーです。

バニラやカラメルの甘い香りスッキリとした味わいは、ハイボールでの飲み方が一番合います。

しかし、加水をすると果実味溢れるフルーティな香りも楽しめるため、水割りでの飲み方もおすすめです。

コンビニやスーパーとどこでも安価で購入できるため、ぜひお試しください。

-ウイスキー銘柄

© 2020 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーメディア