ウイスキー銘柄

グレンゴインの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

グレンゴイン

グレンゴインはスコットランドのハイランド地方で製造されているシングルモルトウイスキーです。

この記事では、グレンゴインの味わいや特徴、歴史、製造方法などを紹介していきます。

記事の最後には、グレンゴインが好きな方におすすめのウイスキーも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

グレンゴインの特徴・概要

グレンゴイン

出典:byronv2

グレンゴインの特徴は、麦芽を乾燥させる際にピートを焚かない製法を取り入れているところです。

他のスコッチウイスキーはピートを焚いているため、ウイスキー特有のピート香やスモーキーな香りを感じます。

ピートを焚いていないため原料本来の風味を味わえるほか、クセの強くないフルーティな風味を味わえるのがグレンゴインの特徴です。

グレンゴインの味わいや香りの特徴

グレンゴインは、フルーティな香りや麦芽本来の甘みを感じる風味です。

スコッチウイスキーは本来、ピートを焚きピーティな風味やスモーキーな風味を作りますが、グレンゴインはピートを焚かない製法を取り入れています。

この珍しい製法により、麦芽の味わいがストレートに伝わるのが特徴です。

グレンゴインは有名ウイスキーの原料にもなっている

グレンゴインは、カティーサークやフェイマスグラウスといったブレンデッドウイスキーの原酒にも使われていることで有名です。

これは、ピートを焚いていないためブレンドしやすいといった利点があるからです。

グレンゴインのおすすめの飲み方はストレート

グレンゴイン 飲み方

出典:glengoyne.com

グレンゴインは、ストレートでの飲み方がおすすめです。

クセが少なく、麦芽本来の甘みやフルーティな香りを良く感じます。

まさにシングルモルトの優等生と言えるほど、雑味やクセのない風味となっています。

他の飲み方で飲みたい方は、加水をしたトワイスアップがおすすめです。

加水をすることで、熟成された麦の風味を感じ甘味が強くなります。

また、最後にはスパイシーな風味が残り、味の変化を楽しめます。

グレンゴインの種類

グレンゴイン10年

グレンゴイン10年

グレンゴイン10年は、ラインナップされている中のスタンダードボトルになります。

熟成には、シェリー樽30%とリフィル樽70%の割合で熟成しています。

香りは、オーク樽由来の木の香りやリンゴのようなフレッシュでフルーティな香りを感じます。

口当たりは優しく、アルコールの刺激を感じない甘い味わいです。

スコッチウイスキーらしくない甘く柔らかい風味は、スコッチウイスキーを飲み慣れていない方にもおすすめです。

クセが強くないため、スイスイ飲めてしまいます。

グレンゴイン12年

グレンゴイン12年

グレンゴイン12年は、ヨーロピアンシェリー樽20%、アメリカンバーボン樽20%、リフィル樽60%の割合で12年熟成しています。

香りは、ココナッツやはちみつの甘く芳醇な香り、それから柑橘系の爽やかな香りが感じられます。

味わいは、リンゴやシナモン、ジンジャー、それからバーボン樽とシェリー樽由来の絶妙なバランスの風味を感じます。

グレンゴイン12年
created by Rinker

グレンゴイン15年

グレンゴイン15年

グレンゴイン15年は、ヨーロピアンシェリー樽20%、アメリカンバーボン樽30%、リフィル樽50%の割合で15年熟成しています。

口当たりはクリーミーなオイリー、穀物の甘さ、リンゴやバナナ、パインといったフルーティな風味を楽しめます。

ねっとりとして舌に絡みつくような口当たりは、食後にゆっくり飲みたい方におすすめのボトルです。

グレンゴイン18年

グレンゴイン18年

グレンゴイン18年は、ホグスヘッドのバーボン樽とシェリー樽を使用し18年熟成しています。

香りは、リンゴや熟したメロン、バナナの芳醇なフルーティな香り、ビターチョコレート、バニラ、ブラウンシュガー。

味わいは、漬け込んだフルーツ、バニラ、リンゴジャムの甘み。

リッチでフルボディな味わいは重厚感を感じる味わいです。

グレンゴイン21年

グレンゴイン21年

グレンゴイン21年は、ヨーロピアンシェリー樽100%を使用し21年間熟成させています。

香りは、リンゴやレーズン、リコス、リンゴの焼き菓子の香り。

オレンジやリンゴのフルーティな甘み、最後にはドライでスパイスな風味が続きます。

2013年にはIWSC(インターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペティション)で金賞を受賞。

2014年には、SWSC(サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション)でダブル金賞を受賞。

また、同年にISC(インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ)で銀賞を受賞。

グレンゴイン25年

グレンゴイン25年

グレンゴイン25年は、シェリー樽100%で25年熟成しており、ラインナップされている中で最も熟成年数が長いボトルになります。

香りは、シェリー樽の深みのある香り、黒糖、ビターチョコレート、コーヒーの苦い香り。

味わいは、芳醇なシェリーの味、コクのあるベリージャムの甘み。

グレンゴイン21年と4年違いですが、値段はグレンゴイン21年の倍以上する高級ボトルです。

グレンゴインの蒸留所・歴史

グレンゴイン蒸留所

出典:glengoyne.com

1883年にグレンゴイン蒸留所は酒造免許を取得し、建設をしたのはジョージ・コネルです。

蒸留所はスコットランドのグラスゴーから20km離れた、グレンゴインという町に建設されています。グレンゴインの町周辺は、歴史的に密造酒の温床として知られる地域でした。

蒸留所の名前は、元々は「グレングイン」と命名されていましたが、「バーンフット蒸留所」と名前が変わりました。

その後、1876年にラング・ブラザーズ社によって買収された際には、再びグレングイン蒸留所に名前が戻りました。

現在の「グレンゴイン蒸留所」になったのは、1905年のことです。

1965年にはラング・ブラザーズ社がロバートソン&バクスター・グループに買収されると、投資が行われポットスチルが3基に増えました。

しかし、2003年にはエドリントンが蒸留所の設備である「グレンゴイン」と「ラングス」のブランド使用権と熟成中の原酒を720万ポンドで売却しました。

新しくオーナーになったのは、イアン・マクロード・ディスティラリーズです。

イアン・マクロード・ディスティラリーズは、グレンゴインの生産量を倍増させる計画を始めました。

シングルモルトとしてブランド価値を高めつつも、ゆっくりと時間をかけたノンピートだけを使用するモルト原料にこだわり続けました。

グレンゴインの製法

グレンゴイン 製法

出典:glengoyne.com

グレンゴインの原料となる大麦は、ゴールデン・プロミス大麦を使用していました。

ゴールデン・プロミス大麦は低収量だけど高品質な大麦で、グレンゴインとマッカラン以外には使用されていませんでした。

また、珍しいゴールデン・プロミス大麦の使用以外に、グレンゴインではピートの香りを一切付けない製法を取り入れています。

現在はコンチェルト大麦を使用しています。

大麦を乾燥させる際には、温風を利用しゆっくりと時間をかけて乾燥させています。

グレンゴインの仕込み水は、グレンゴイン・バーンと呼ばれる水脈のもを使用しています。

セミラウター式のマッシュタンは容量が3.84トンあり、毎週16回の糖化を行っています。

また、オレゴンパイン材で出来た18,000Lの発酵槽が6槽あり、発酵には最低でも56時間かけています。

貯蔵庫はダンネージ式が2棟あり、4800本の樽を収容可能。

他にもタック式の貯蔵庫が3棟あり、バット2400本とホグスヘッドやバレルが6000本収容できます。

グレンゴイン好きにおすすめのウイスキー

グレンゴインが好きな方におすすめのウイスキーを紹介します。

グレンゴインの「フルーティな香り」や「原料本来の甘み」といった特徴を基準に2本選びました。

スキャパ スキレン


スキャパ スキレンはスコットランドの北にあるオークニー諸島・メインランド島に蒸留所があります。

香りは、洋ナシのフレッシュな香りや花のようなフローラルな香り。

味わいは、メロンのような濃厚で甘い甘みを感じます。

ライトなボディなため、非常に飲みやすいのが特徴です。

ブレンデッドウイスキーのバランタインの主要原酒の一つとしても知られています。

オーヘントッシャン12年


オーヘントッシャン12年は、アメリカンオーク樽で12年以上熟成しています。

香りは、キャラメルソースやバニラアイス、アーモンド。

味わいは、口当たりが非常にライトでフルーティな風味を感じます。

特筆すべき点は、3回蒸留をしている点です。

製造がされているローランド地方で3回蒸留をしているのは、オーヘントッシャン蒸留所だけであり、3回蒸留するとライトで飲みやすい口当たりやフルーティな風味を作ることができます。

オーヘントッシャン
参考オーヘントッシャンの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

オーヘントッシャンは、シングルモルトとしては珍しいクセのないクリアな口当たりと、バーボン樽由来の上品なバニラの香りがとても飲みやすいスコッチウイスキーです。 伝統的な3回蒸溜によって造られるライトでな ...

続きを見る

まとめ

グレンゴインは原料となる麦芽にピートの香り付けをしないノンピート製法を取り入れているのが特徴です。

そのため、麦芽本来の甘味やフルーティな風味を味わえるスコッチ・シングルモルト・ウイスキーです。

スコッチウイスキーとしては珍しいですが、非常に飲みやすく初めてのシングルモルトにはおすすめです。

ぜひお試しください。

-ウイスキー銘柄

© 2020 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーメディア