ウイスキー銘柄

オクトモアの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

オクトモア

オクトモアは、スコットランドで作られているスーパーヘビリーピーテッド・シングルモルト・ウイスキーです。

この記事では、オクトモアの味わいや香りの特徴、歴史や製造方法などを紹介します。

おすすめの飲み方や種類ごとの特徴を掲載しているほか、記事の最後にはオクトモアがお好きな方におすすめのウイスキーの提案なども行っています。

是非ウイスキー選びの参考にしてみてください。

オクトモアの特徴・概要

オクトモア ロゴ

オクトモアは、スコットランドのアイラ島にある「ブルックラディ蒸留所」から販売されているシングルモルト・ウイスキーです。

「世界でフェノール値が最も高いウイスキー」として有名であり、ピート感のあるウイスキーを愛してやまない熱狂的なピートマニアも、このウイスキーのファンには多い傾向にあります。

オクトモアの味の特徴

オクトモアは非常にスモーキーなピート感ある味わいの中にある、フルーツのような甘みが特徴のウイスキーです。

甘いバニラのような味わいや、パンのような香ばしさを感じる人もいます。

オクトモアの香りの特徴

オクトモアは強烈なスモーク感や、アイラ・ウイスキー特有の潮の香りを感じられるウイスキーです。

スモーク感の中にはフルーツやバニラのような甘い香りや、海藻、樽特有のウッディさなどの非常に複雑な香りが潜んでいます。

オクトモアの喉ごし・フィニッシュの特徴

オクトモアはアイラ・ウイスキー特有の重厚でオイリーな飲み心地が特徴のウイスキーです。

スモ―キーでやや強いアタックの後にはフルーツや麦の甘みがほんのり現れ、フィニッシュ時にはたき火のようなスモーク感が長く続きます。

オクトモアのおすすめの飲み方は「ストレート」「トワイスアップ」

ウイスキー ストレート

オクトモアのおすすめの飲み方は「ストレート」「トワイスアップ」です。

世界最強のピート香やスモーク感をダイレクトに感じられる「ストレート」は、オクトモアの魅力を堪能するには最もおすすめの飲み方です。

そのままではピート感が強すぎて飲めないというウイスキー初心者には、オクトモア独特の香りを広がらせつつ度数を下げることができる「トワイスアップ」をおすすめします。

オクトモアの種類

ここではオクトモアの種類を紹介しています。

現在市場にて販売されているオクトモアは主に5種です。

オクトモア 07.4 ヴァージンオーク

オクトモア 07.4 ヴァージンオーク

「オクトモア 0.74 ヴァージンオーク」は高級フレンチ・オークの新樽で7年熟成された原酒と、バーボン新樽で3年熟成された原酒を使った、限定12000本生産のボトルです。

2種の原酒はヴァッティング後さらにオーク新樽で熟成され、仕上げに2年間バーボン新樽で熟成されます。

フェノール値は167㏙という高さでありながら、非常にバランスの取れた複雑な味わいを楽しめる点がこのボトルの魅力です。

オクトモア 07.4 ヴァージンオーク
created by Rinker

オクトモア 10.1 スコティッシュ・バーレイ

オクトモア 10.1 スコティッシュ・バーレイ

「オクトモア 10.1 スコティッシュ・バーレイ」スコットランド産の大麦を使用した原酒をアメリカンオーク樽のみで5年間熟成した、限定42000本生産のボトルです。

スモーキーな中にバニラや麦芽のような甘みと、黒胡椒のようなピリッとしたスパイシーさがある複雑な味わいを堪能できます。

フィニッシュ時にはピートスモーク香と潮風のようなニュアンスが同時に押し寄せ、余韻へと続いていきます。

オクトモア10.3 アイラ・バーレイ

オクトモア10.3 アイラ・バーレイ

「オクトモア10.3 アイラ・バーレイ」は、希少なアイラ産大麦を100%使用し、アメリカンウイスキー新樽のみで6年間熟成したボトルです。

生産数は限定24000本で、フェノール値は114㏙となっています。

土のようなピートスモーク香の中に香る海の潮のような爽やかさ、ハチミツレモンを彷彿とさせる甘みとフルーツ感が特徴のウイスキーです。

フィニッシュ時にはチョコレートのような甘さのあとにゴム感のあるピーティ―なスモーク香が現れ、スパイシーでビターな余韻と共に消えていきます。

オクトモア10.3 アイラ・バーレイ
created by Rinker

オクトモア11.1 スコティッシュ・バーレイ

オクトモア11.1 スコティッシュ・バーレイ

「オクトモア11.1 スコティッシュ・バーレイ」はスコットランド産の大麦を使用した原酒をアメリカンオーク樽のみで5年間熟成した、ボトルです。

限定30000本生産で、フェノール値は139.6㏙となっています。

土っぽいピート感とバニラや黒糖のような甘さ、潮風や泥炭地に茂る植物などの多種多様なニュアンスが複雑に絡み合ったウイスキーです。

アタックから中盤にかけて赤トウガラシのような強烈な刺激感がありますが、中盤にはショウガの刺激感を伴うウッディかつモルティな甘みが現れ、次第に刺激感は落ち着いていきます。

フィニッシュには強烈なピート感のあるスモーク香が押し寄せ、ハチミツショウガやシロップを思わせる甘い余韻と共に消えていきます。

オクトモア11.3 アイラ・バーレイ

オクトモア11.3 アイラ・バーレイ

「オクトモア11.3 アイラ・バーレイ」は希少なアイラ産大麦を100%使用し、アメリカンオーク新樽のみで6年間熟成したボトルです。

限定18000本生産で、フェノール値はやや高めの194㏙となっています。

フローラルな香りと蜜のような甘く華やかな味わいが強いボトルであり、アタックから中盤にかけてはスモーキーさやピート感は少なめです。

しかしフィニッシュ時にはそれらの香りが退き、一気にしっかりしたピート感やスモーク香が花開きます。

余韻は長く、煙や麦芽を彷彿とさせる複雑な香りが続きます。

オクトモアの歴史

ブルックラディ 蒸留所

出典:whisky.com

オクトモアはウイスキーのスモーキーを現わす値「フェノール値」が世界で最も高いウイスキーです。

アイラ島にある1881年創立の老舗「ブルックラディ蒸留所」関係者の「極めてフェノール値が高いモルト原料を使ったウイスキーは、どんな味になるのだろう」という強い好奇心から、このブランドは生まれました。

当時の最高責任者「マーク・レイニア」氏とマスターディスティラー「ジム・マッキュワン」氏はフェノール値の高いウイスキーを作るプロジェクトを実行に移し、2002年9月に最初のオクトモアを蒸留することに成功しました。

記念すべき第1号のオクトモアはフェノール値80.5㏙であり、当時フェノール値が高いへビリーピーテッド・ウイスキーであると言われていた、ポートシャ―ロットの2倍の数値を記録しました。

関係者たちはこのボトルの出来栄えに満足し「フェノール値が高すぎるウイスキーは美味しくない」という周囲のモルト業者の反対を押し切ってさらにフェノール値の高いウイスキーの製造へと漕ぎだします。

ブルックラディ蒸留所はこうして試作を重ね、2008年には初の製品版である「オクトモア1.1」を販売開始しました。

6000本販売されたこのボトルのフェノール値は131㏙であり、この数値は当時アイラ・ウイスキーの中でも非常に高いと話題を呼びました。

「世界でフェノール値が最も高いウイスキー」として世界中のピーテッド・ウイスキーファンを魅了するオクトモアは、現在ブルックラディ蒸留所にとって欠かせないブランドのひとつとなっています。

オクトモアの製法

オクトモア 製法

出典:whisky.com

オクトモアの生産は、まず原料となる「スーパーへビリーテッド・モルト」を慎重に作成することから始まります。

温度を抑えつつ極力長くピートの煙で燻した大麦から作られる「スーパーへビリーテッド・モルト」は、使う原料やその時の環境によって異なるフェノール値を記録します。

そのためオクトモアは定番品という概念を作らず、ボトルをエディションナンバーで管理する独自のシステムを取っています。

極めて高いフェノール値のモルトは、ブルックラディ蒸留所にある背の高い細身のポットスチルで蒸留され、軽やかかつ飲みやすい味わいの原酒となります。

こうして蒸留された原酒はエディションごとに異なった樽に詰められ、熟成されます。

オクトモアのエディションナンバーについて

オクトモアのエディションナンバーには、大まかなルールが存在します。

1の位は発売年数を表し、小数点以下の数字は熟成する樽や原料の違いを表しているとされています。

・小数点以下が「1」のエディション:バーボン樽のみで熟成

・小数点以下が「2」のエディション:ワイン樽熟成の原酒をブレンド

・小数点以下が「3」のエディション:アイラ島にある「オクトモア農場」産の大麦を使用

・小数点以下が「4」のエディション:高級オーク新樽で熟成した原酒を使用

オクトモア好きにおすすめウイスキー

ここではオクトモアがお好きな方におすすめの、ピート感が強いウイスキーを3つ紹介します。

オクトモアと似たスモーキーでピーティーなウイスキーをお探しの際には、是非参考にしてみてください。

ラフロイグ10年 カスクストレングス

ラフロイグ10年 カスクストレングス

オクトモアのようなバニラ香があるスモーキーなピーテッドウイスキーをお探しの方には「ラフロイグ10年 カスクストレングス」もおすすめです。

甘いバニラ香をまとったスモーク感と、アイラ・ウイスキーとろりとしたオイリーな口当たり、中盤から現れるパワフルでピーティ―なアタック感が特徴の力強いウイスキーです。

ラフロイグ
ラフロイグの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

ラフロイグは、独特な香りを持つアイラ島で作られるウイスキーです。 その強い独特な香りのピート・ヨード香を薬品に例える人が多いです。 そんなクセのあるラフロイグは、多くの人から愛されています。 イギリス ...

続きを見る

アードベッグ スーパーノヴァ

アードベッグ スーパーノヴァ 2019

オクトモアがお好きであり、かつそれよりも刺激的なピート感が強いウイスキーをお望みの方には「アードベッグ スーパーノヴァ」がおすすめです。

スーパーノヴァの名を冠するボトルらしく、口の中で木材が燃え上がるかのような強烈なピート感を感じることができます。

柑橘系の淡い香りとバニラや麦芽のような甘さ、それを包むように現れる非常に強いスモーク香が特徴のウイスキーです。

アードベッグの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

アードベッグは“ウイスキーの聖地”スコットランドのアイラ島で作られるシングルモルトウイスキーです。 個性派揃いで有名なアイラモルトですが、中でもアードベックの個性は別格。 口に含んだ瞬間に広がるスモー ...

続きを見る

ロングロウ ピーテッド

ロングロウ

オクトモアのようにピートレベルが高く、かつ飲みやすいウイスキーをお探しの方にはキャンベルタウン・ウイスキーである「ロングロウピーテッド」がおすすめです。

ヘビーピーテッド・ウイスキーでありながらクリーミーで飲みやすく、バランスのとれた味わいを堪能できます。

ロングロウ
ロングロウの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

ロングロウは、スプリングバンク蒸溜所で造られているシングルモルトウイスキーウイスキーです。 この記事では、ロングロウの味わいや特徴、歴史、製造方法などを紹介します。 また、併せておすすめのウィスキーを ...

続きを見る

まとめ

この記事ではスコットランドのアイラ島にある「ブルックラディ蒸留所」から販売されている、オクトモアを紹介しました。

ピーティーでスモーキーな香りの中に潮の香りやフルーツなどの優しい甘さがある複雑な味わいが特徴の、このウイスキーが気になった方は是非ご賞味されてみてください。

-ウイスキー銘柄

© 2021 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーブログメディア