ウイスキー銘柄

ピーツビーストの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

ピーツビースト

ピーツビーストは、スコットランドで作られているシングルモルト・ウイスキーです。

この記事では、ピーツビーストの味わいや香りの特徴、歴史や製造方法などを紹介します。

おすすめの飲み方や種類ごとの特徴を掲載しているほか、記事の最後にはピーツビーストがお好きな方におすすめのウイスキーの提案なども行っています。

是非ウイスキー選びの参考にしてみてください。

ピーツビーストの特徴・概要

ピーツビースト ロゴ

ピーツビーストは、スコットランドにある「フォックス・フィッツジェラルド社」から販売されているシングルモルト・ウイスキーです。

味の特徴

ピーツビーストは強烈なピート感と、その奥に潜んだモルティーな甘さが特徴のウイスキーです。

中盤では甘みのある要素が強くなり、麦芽やシナモンで煮たリンゴ、洋ナシのようなフルーティーさも感じられます。

香りの特徴

ピーツビーストは全てをかき消すような強烈なピート・スモーク香が特徴のウイスキーです。

土臭さの中にはレモンピールや柑橘などの、爽やかな香りもわずかに感じられます。

喉ごし・フィニッシュの特徴

序盤に現れた強烈な泥炭の風味は、中盤になるとモルティーな甘さに変わっていきます。

フィニッシュ時には再びスモーク香と刺激感を伴ったスパイシーさが押し寄せ、余韻は口の中に長く居座ります。

ピーツビーストのおすすめの飲み方は「ハイボール」「ハーフロック」

ハイボール

ピーツビーストのおすすめの飲み方は「ハイボール」「ハーフロック」です。

ピーツビーストをハイボールにすると、力強いピート・スモーク香が炭酸によってさらに強烈さを増し花開きます。

ピーツビーストのモルティーな甘さを引き出したい方や、ピート・スモーク感が苦手な方には「ハーフロック」がおすすめです。

ピーツビーストの種類

現在販売されているピーツビーストは、主に4種です。

ピーツビースト

ピーツビースト

最もスタンダードなピーツビーストのボトルです。

ずっしりとした重厚感のあるピート・スモークと、中盤から現れるモルティーな強い甘みが特徴です。

フィニッシュには黒胡椒のようなスパイシーさがあり、余韻は重くスモ―ク香と強いピート感が暴れる野獣のように口の中に居座ります。

ピーツビースト バッチストレングス

ピーツビースト バッチストレングス

「ピーツビースト バッチストレングス」は52.1度という高いアルコール度数を誇る、カスクストレングス・ボトルです。

口に含んだ瞬間に押し寄せるうがい薬のようなケミカルな風味と麦芽の甘さ、口の中で暴れまわる強烈な濃縮ピート・スモーク香を楽しむことができます。

後半からフィニッシュにかけては甘さが増していき、焼き立てのパンや干し草などの風味を伴いながら余韻は長く続きます。

ピーツビースト バッチストレングス PXシェリーウッドフィニッシュ

ピーツビースト バッチストレングス PXシェリーウッドフィニッシュ

「ピーツビースト バッチストレングス PXシェリーウッドフィニッシュ」は、カスクストレングスタイプのピーツビーストをPXシェリー樽で後熟させたボトルです。

スモーキーなレーズン香と燻したドライフルーツのような芳醇な甘さが特徴で、PXシェリー樽とピーツビーストの強烈な個性が共存しているのをしっかりと感じられます。

ピーツビースト 25年

ピーツビースト 25年

「ピーツビースト 25年」は威厳たっぷりの獣の王を彷彿とさせる、フルボディタイプの長熟ボトルです。

オイリーで重厚感のあるボディと様々なフルーツの濃厚な甘みを楽しむことができます。

長熟タイプのボトルであるため、スモーク香やピート感は控えめであり、悠々として穏やかな印象です。

ピーツビーストの歴史

ピーツビーストはスコットランドにある「フォックス・フィッツジェラルド社」から販売いること以外、詳しい情報が判明していないウイスキーです。

どこから来たウイスキーなのか、熟成年数は何年かといった情報は一切なく、その全貌は謎に包まれています。

ピーツビーストの製法

ピーツビーストは蒸留所名が明かされていない「シークレット・ボトル」であり、製造法に関しても全く判明していません。

ウイスキー愛好家の間ではシークレット・ボトルは製造元が謎に包まれたウイスキーとして、その中身は考察の対象となっています。

ピーツビースト好きにおすすめウイスキー

ここではピーツビーストがお好きな方におすすめのウイスキーを3つ紹介します。

ピーツビーストようなピート・スモークが楽しめるウイスキーをお探しの際には、是非参考にしてみてください。

ラフロイグ10年

ラフロイグ10年

ピーツビーストのような強烈なピート・スモークが楽しめるウイスキーをお探しの方には「ラフロイグ10年」もおすすめです。

力強く爽快感のあるピート・スモーク香とオイリーなコクが、このウイスキーでは堪能できます。

ラフロイグ
ラフロイグの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

ラフロイグは、独特な香りを持つアイラ島で作られるウイスキーです。 その強い独特な香りのピート・ヨード香を薬品に例える人が多いです。 そんなクセのあるラフロイグは、多くの人から愛されています。 イギリス ...

続きを見る

カリラ12年

カリラ 12年

ピーツビーストのようなオイリーでスモーク感のあるウイスキーをお探しの方には「カリラ12年」もおすすめです。

ドライでオイリー、かつ塩辛いというアイラ・モルトらしさをしっかりと備えていながらも、フルーティーで甘くて飲みやすい味わいです。

そのため、アイラ・モルト初心者にもおすすめのウイスキーだといえます。

カリラ25年
カリラ25年の味・香りをレビューや口コミから評価

カリラは、ウイスキーの聖地・アイラ島にあるカリラ蒸留所で作られています。 カリラ蒸留所はアイラ島最大の生産量をほこり歴史も長いですが、元々はブレンデッド用のウイスキー原酒を主に生産しており知名度は高く ...

続きを見る

タリスカー10年

タリスカー10年

ピーツビーストのような黒胡椒が香るスパイシーなスモーク香があるウイスキーをお探しの方には「タリスカー10年」もおすすめです。

力強いスモーク感とスパイシーな味わいの中に潜む、黒胡椒の刺激感とフルーティーな甘さが特徴の男性的なウイスキーです。

タリスカー ウイスキー
タリスカーの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

タリスカーはスコットランド北部にあるスカイ島で作られているシングルモルトウイスキーです。 スモーキーかつ強い潮の香りと、個性的な力強い味わいが特徴です。 その特徴から「クセになる」と世界中のウイスキー ...

続きを見る

まとめ

この記事ではスコットランドにある「フォックス・フィッツジェラルド社」から販売されている、ピーツビーストを紹介しました。

猛獣を彷彿とさせる強烈なピート・スモーク香が特徴的なこのウイスキーが気になった方は、是非ご賞味されてみてください。

-ウイスキー銘柄

© 2021 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーブログメディア