ウイスキー基礎知識

ウイスキーのスモーキーとは?スモーキーなウイスキーの特徴とおすすめ銘柄3選

ウイスキー スモーキー

ウイスキーには「モルティー」や「エステリー」などさまざまな香りの種類がありますが、その中でも代表的な香りがスモーク香です。

ウイスキーを知れば知るほど好きになる人が多いと言われるスモーキーな香りとは、一体どういう香りなのでしょうか。

今回はスモーキーな香りの特徴と、代表的なスモーク香のウイスキーをご紹介します。

ウイスキーの「スモーキー」な香りとは

ウイスキーにはさまざまな香りやフレーバーがありますが、その中でもとくに好きな人が多いのがスモーキーな香りのウイスキーです。

スモーキーな香りとはその名のとおり燻製のような香ばしい香りのことで、ピート香とも言います。

スコッチウイスキーと呼ばれるものはスモーキーな香りがとくに強く、なかでもスコッチ6大産地のひとつアイラ島のスコッチウイスキーは、強いスモーク香が特徴です。

ピートとは

スモーキーな香りのウイスキー作りに欠かせないのが、ピートと呼ばれる泥炭(でいたん)です。

泥炭(以下、ピート)とは、植物(シダやコケ類)が死んでも十分に分解されずにドロドロになり、どんどんと蓄積していき、最後には炭化して炭になったものです。

ピートは、不純物や水分を多く含んだ出来損ないの炭ですが、これをウイスキー作りに使ったのがスコッチウイスキーです。

ウイスキー ピート
参考ウイスキーのピートとは?ピート香の特徴とピーティなおすすめ銘柄5選

ウイスキーに関連する記事やBarでの会話の中で、「ピート」・「ピート香」・「ピーティー」といったようなピートにまつわる言葉が良く登場します。 実はこのピートという言葉、ウイスキーにおいて非常に重要な材 ...

続きを見る

スモーキーな香りのウイスキーの作り方

スモーキーな香りのウイスキーとは、どのようにして作られるのでしょうか。

まずは、「モルティング」というウイスキーの原料となる大麦に水分を加えて発芽させる作業を行い、「モルト」とよばれる発芽した大麦を作ります。

モルトには水分が含まれているのでこれを乾燥させるためにピートを燃焼させるのですが、このときモルトにピートの香りがうつることでスモーキーな香りのウイスキーが作られます。

スモーキーな香りとフェノール値の関係とは

スモーキーな香りを判断する一つの目安として、フェノール値というものがあります。

フェルノール値とは、スコッチウイスキーの製造過程で原料となるモルトのピートでの乾燥レベルを、ppm(100万分の1)という化学で使われる標準的な単位で表されます。

スモーキーな香り、ピートの風味を出すフェノール性化合物を示しています。

ただし、フェノール値が高ければスモーキーというわけでもより美味しいということでもなく、あくまで一つの目安です。

フェノール値が10ppmほどのウイスキーは軽く、すこしスモーキーな香りがする程度です。

25ppmは中位、45~50ppmはスモーキーな香りの強いウイスキーが造られます。

スモーキーなウイスキーの代表銘柄

現在アイラ島では8つの蒸留所ウイスキーが造られていますが、比較的軽いタイプから強烈な香りのするウイスキーまでさまざまです。

また、フルーティな香りやスイートな味わいのするものもあるので、香りや味も参考にして選ぶのもおすすめです。

ここではフェノール値が軽い、中位、強いものをそれぞれ紹介します。

ブルックラディ ザ・クラシックラディ


ブルックラディ ザ・クラシックラディは、フェノール値は2~5ppm。

アイラ特有のスモーキーな香りは弱いですが、口当たりが良いので初心者におすすめです。

ブルイックラディ
参考ブルイックラディの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

ブルイックラディは、スコットランドのアイラ島で生産されているシングルモルトウイスキーです。 この記事では、ブルイックラディの味わいや特徴、歴史、製造方法などを紹介します。 記事の最後には、ブルイックラ ...

続きを見る

ボウモア12年


ボウモアはアイラ島で造られたウイスキーで「アイラの女王」と称されています。

フェノール値は25~30ppmと中位でアイラモルトの入門としておすすめで、フルーティな香りとビートの香りがバランスよく調和した、甘美な味わいです。

参考ボウモアの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

ボウモアはウイスキーの聖地であるスコットランドのアイラ島で作られるシングルモルトウイスキーです。 別名「アイラの女王」とも呼ばれています。 スモーキーでピーティーな香りとドライな飲み口、そして何と言っ ...

続きを見る

オクトモア スコティッシュバーレー10.1


オクトモアは、フェノール値は156ppmと、かなりスモーキーな香りが強いウイスキーです。

ただスモーキーな香りが強いだけではなくナッツやバラのフルーティな香りもあり、バランスのとれた香りが楽しめます。

最後に

スコットランドでは昔からピートを使ったウイスキー製造の方法が主流で、

その独特な味わいがスコッチウイスキーにとって重要な要素となりました。

その後、ピートを使わないノンピーテッドウイスキーが増えていきますが、

ピートを使った伝統的な製法でウイスキーを造る蒸留所は今もスコットランドに残っています。

スモーキーな香りを愛するウイスキー好きにとって、ピートを使ってウイスキーを造り続ける蒸留所はとても大切な存在なのです。

皆さんもスモーキーな香りのウイスキーを楽しんでください。

-ウイスキー基礎知識

© 2020 ウイスキーを知る|最高の一杯を見つける初心者のためのウイスキーメディア